ホスポについて

介護サービスはどうやって受ける?

◎介護サービスを受けるには
介護保険制度では、要介護度レベルという介護の必要性を示す基準があり、それによって、色々な介護サービスを受けることができます。
介護保険のサービスを受けることが出来るのは、第1号被保険者(65歳以上)や、理由にかかわらず介護を必要とされる第2号被保険者(40~64歳)、特定の疾病によって介護が必要な人が該当します。
そして介護保険のサービスを受けるためには、自ら申請して要介護認定において「要介護・要支援」と認定されることが必要です。
◎要介護認定で大切なこと
要介護認定による介護区分の判定で、高齢者が介護保険制度でどの程度の介護サービスを受けることができるかが決まってしまいますので、要介護認定で正しい介護判定をしてもらうことが大切です。
要介護認定の認定調査を受けるときには、高齢者のありのままの状態を認定調査の担当者にみてもらい、正しい判定を下してもらうとよいでしょう。
できましたら、認定調査の調査票を事前に入手して、調査票に目を通しておくことをお勧めします。
◎要介護認定調査のポイント
要介護認定には、認定調査の結果はもっとも大切な情報ですので、認定調査を受ける際には、 要介護者本人の家族か要介護者本人をよく知った人が立ち会うことをお勧めします。
介護の必要性を正確に調査員に把握してもらうことが重要なのです。
認定調査の時に見栄や羞恥心から、その高齢者がいつもより元気に振舞ってしまったりしては、 正しい判断の妨げになり、実際の介護度のレベルよりも軽く認定されてしまう可能性があります。
認知症(痴呆)を煩っている高齢者の場合には、特に注意が必要です。
◎要介護認定の申請方法
介護保険を使うには、要介護認定の申請をして、要介護度、または要支援の認定を受けなければ なりません。
要介護認定の申請は、本人や家族が役所へ行って要介護認定申請書を書き、介護保険の保険証を添えて、介護保険の担当窓口に提出します。

この申請は、本人や家族が行う以外にも
①居宅介護支援事業者
②介護保険施設
③社会保険労務士
のどれかに代行してもらうことができます。
◎要介護認定の結果
要介護認定の結果は、原則として申請のあった日から30日以内に本人に通知され、初めての認定の効力は、申請時にさかのぼって生じます。
申請をしてから認定結果が出るまでの間は、仮の保険証を使って、介護サービスを受けることができます。 在宅サービスのケアプランを作ってもらいたいケアマネージャーをすでに決めている場合は、その人に要介護認定の申請手続きからお願いするのもいいでしょう。

介護の事に関することなら当施設にお気軽におたずねください。
a